2017年2月の一覧

3月から新しい入塾生が誕生します

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

2月の初めに無料体験に来てくれていた小学4年生のAちゃん。

勉強がわかるようになってきて楽しかったみたいです。

意欲的に勉強に取り組むようになったそうで、

今日、ご両親と一緒に入塾の申し込みに来てくれました。

 

3月から入塾となります。

ヒーローズで勉強すれば、

”楽しい”が、これからたくさん増えますよ。

 

これから一緒に頑張っていきましょうね。

LINEで送る

春休みから入塾です😊

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日が無料体験の最終日だった小学2年生のHちゃん。

春休みからの入塾となります。

 

これから一緒に頑張っていきましょうね。

LINEで送る

深江郵便局にも車椅子マップ

東灘区、芦屋市で学習塾をお探しなら、

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

前にもご紹介させていただきましたが、

ヒーローズ甲南山手校は、社会貢献活動の一環として、

ヒーローズ甲南山手校があるJR甲南山手駅周辺の車椅子マップの作製に協力しています。

 

車椅子の方がどのルートを利用すれば、移動しやすいのかが解りやすく表示されます。

 

このほど、阪神深江駅近くの深江郵便局にも掲示されるようになりました。

 

地域社会に貢献する学習塾、社会貢献活動を行う学習塾、それがヒーローズ甲南山手校です!!



LINEで送る

なんでも相談会

相続のことでお困りならば合同会社LECにご相談ください。

ファイナンシャルプランナーの資格を持つ上級相続士が

あなたのお困りごとを解決致します。

 

4月21日(金)に阪神御影駅から徒歩3分の

東灘地域助け合いネットワーク(愛称:助け合いネット)において

なんでも相談会が開催されます。

時間は10:30~12:00で、

テーマは「相続と遺言の基本」です。

合同会社LEC代表の平井が講師となって、

相続や遺言の基本についてお話致します。

 


 

 

LINEで送る

読解力の低下(5)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日の読売新聞の朝刊は、

「読解力が危ない⑤」でした。

 

読解力の向上には新聞の活用が有効というような話が載っています。

2020年度から実施される小中高校の次期学習指導要領でも

読解力の向上は重要課題とされており、

新聞活用や読解科などの取り組みが改めて注目されているようです。

 

新聞でも本でも構いませんので、

とにかく子供たちが活字に触れる機会をできるだけ多く作るようにしてあげて下さい。

LINEで送る

読解力の低下(4)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日の

読売新聞の朝刊は

「読解力が危ない④」でした。

見出しは

本離れ防げ 魅力伝える

です。

 

全国大学生活協同組合連合会の2015年の調査によると、、

1日の読書時間がゼロの大学生の割合は45.2%で、

34.5%だった2012年以降、増加し続けているそうです。

高校生も同様で、全国学校図書館協議会の2016年調査では、

1か月に1冊も本を読まない生徒が2013年より12.1ポイント増えて57.1%になったそうです。

 

記事の最後に書いてありますが、

「本を読み、自分の考えを表現する。

それが読解力向上につながる。」と。

 

正しくそのとおりだと思います。

できるだけたくさんの本を読みましょう。

LINEで送る

初の速読受講生が誕生しました

昨日が無料体験最終日の小学4年生のNちゃん。

 

無料体験中に既に入塾を決めていただいていました。

Nちゃんは初の速読受講生でもあります。

今日が正式な入塾日となりました。

 

週2日で合計3コマの学習と、1コマの速読です。

 

これから一緒に頑張っていきましょうね。

LINEで送る

読解力の低下(3)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日の読売新聞の朝刊は

「読解力が危ない③」でした。

見出しは、SNS没頭 長文読まず です。

 

日本の15歳の読解力が4位から8位に低下した原因の一つは、

スマホの普及に伴う長文を読む機会の減少であると

文部科学省では捉えている由。

 

内閣府の2015年度調査では、

平日にスマホで2時間以上ネットを利用する高校生の割合は66.8%!

5時間以上使った割合は12.5%!

 

これに対して、

全国学校図書館協議会の調べでは、

高校生の一か月の平均読書冊数は2010年の1.9冊をピークに減少傾向が続き、

2016年は1.4冊となったそうです。

 

スマホを操作中は、

論理的な思考を行う大脳の前頭前野が

「眠っているような、ボーッとした状態」になっているそうです。

 

確かにスマホが普及して便利になったと思います。

しかし、スマホの普及とともに、人間の脳が退化しているような気がします。

私も自慢ではありませんが漢字を書こうとしても、

字がすぐに思い浮かばなくなることが増えてきました。

年のせいばかりではないと思っています。

最近は頭を使わないでも読める小説ばかり読んでいるからかもしれません。

 

以前のように、少しは頭を使うビジネス書を読む機会を増やそうと思いました。

LINEで送る

▲TOPへ