お知らせ

語彙力の不足

東灘区、芦屋市で学習塾をお探しなら、

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

最近、思うことは子供たちの語彙力不足(ごいりょくぶそく)です。

欠如ではないと思いますが、不足していることは間違いありません。

 

私は、語彙力を高めるためには読書が最適だと信じています。

特に辞書を読むのは、とてもいい勉強になります。

 

一つの言葉を調べていると、説明の中に解らない言葉が出てくることがあります。

そういう時に辞書を読む習慣があると、どんどん調べることが増えて、

大変なことになってしまうこともありますが、

こういう積み重ねが語彙力を高めることにつながると思うのです。

 

お父さん、お母さん、言葉の意味を正確にお子さんに説明できますか?

実は簡単なようで、結構大変だったりします。

 

お子さんが、たくさん本を読むように習慣づけてあげて下さい。

そして、お子さんが辞書を引くのではなく、

辞書を読むように教えてあげていただきたいと思います。

LINEで送る

深江郵便局にも車椅子マップ

東灘区、芦屋市で学習塾をお探しなら、

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

前にもご紹介させていただきましたが、

ヒーローズ甲南山手校は、社会貢献活動の一環として、

ヒーローズ甲南山手校があるJR甲南山手駅周辺の車椅子マップの作製に協力しています。

 

車椅子の方がどのルートを利用すれば、移動しやすいのかが解りやすく表示されます。

 

このほど、阪神深江駅近くの深江郵便局にも掲示されるようになりました。

 

地域社会に貢献する学習塾、社会貢献活動を行う学習塾、それがヒーローズ甲南山手校です!!



LINEで送る

読解力の低下(5)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日の読売新聞の朝刊は、

「読解力が危ない⑤」でした。

 

読解力の向上には新聞の活用が有効というような話が載っています。

2020年度から実施される小中高校の次期学習指導要領でも

読解力の向上は重要課題とされており、

新聞活用や読解科などの取り組みが改めて注目されているようです。

 

新聞でも本でも構いませんので、

とにかく子供たちが活字に触れる機会をできるだけ多く作るようにしてあげて下さい。

LINEで送る

読解力の低下(4)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日の

読売新聞の朝刊は

「読解力が危ない④」でした。

見出しは

本離れ防げ 魅力伝える

です。

 

全国大学生活協同組合連合会の2015年の調査によると、、

1日の読書時間がゼロの大学生の割合は45.2%で、

34.5%だった2012年以降、増加し続けているそうです。

高校生も同様で、全国学校図書館協議会の2016年調査では、

1か月に1冊も本を読まない生徒が2013年より12.1ポイント増えて57.1%になったそうです。

 

記事の最後に書いてありますが、

「本を読み、自分の考えを表現する。

それが読解力向上につながる。」と。

 

正しくそのとおりだと思います。

できるだけたくさんの本を読みましょう。

LINEで送る

読解力の低下(3)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

今日の読売新聞の朝刊は

「読解力が危ない③」でした。

見出しは、SNS没頭 長文読まず です。

 

日本の15歳の読解力が4位から8位に低下した原因の一つは、

スマホの普及に伴う長文を読む機会の減少であると

文部科学省では捉えている由。

 

内閣府の2015年度調査では、

平日にスマホで2時間以上ネットを利用する高校生の割合は66.8%!

5時間以上使った割合は12.5%!

 

これに対して、

全国学校図書館協議会の調べでは、

高校生の一か月の平均読書冊数は2010年の1.9冊をピークに減少傾向が続き、

2016年は1.4冊となったそうです。

 

スマホを操作中は、

論理的な思考を行う大脳の前頭前野が

「眠っているような、ボーッとした状態」になっているそうです。

 

確かにスマホが普及して便利になったと思います。

しかし、スマホの普及とともに、人間の脳が退化しているような気がします。

私も自慢ではありませんが漢字を書こうとしても、

字がすぐに思い浮かばなくなることが増えてきました。

年のせいばかりではないと思っています。

最近は頭を使わないでも読める小説ばかり読んでいるからかもしれません。

 

以前のように、少しは頭を使うビジネス書を読む機会を増やそうと思いました。

LINEで送る

読解力の低下(2)

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

本日の読売新聞の朝刊には

「読解力が危ない②」が載っていました。

 

読解力の低下は教育現場に限った問題ではなく、

職場にも…

企業は対応に追われている、と。

 

某社では新入社員に読書感想文を書かせているそうです。

(その気持ち良くわかります…)

 

思えば、出張報告書に、

今日は○○社に行って○○社長に近々契約更新となる××について、

説明をしました。

検討して返事をするとのことでした。

と書いていた部下がいました。

 

小学生の遠足の作文じゃあるまいし…

と思ったものですが、

情けないことに今の日本のレベルはこんなものなのかもしれません…

 

小さいうちからきちんとした学習をしなければ、

大変なことになる。

私が退職後に塾を経営しようと思ったのは、

そんなこともきっかけだったのです。

 

昨日、本をたくさん読むことをお勧めしました。

そして、明日以降に続く…

と書きました。

「読書感想文を書く」と続けるつもりで…

 

読売新聞の朝刊に先を越されたような感じですが、

読解力を身に付けるのに、近道や特効薬はないと思っています。

 

世のお父様、お母様方、

とにかく、お子さんにたくさん本を読んであげてください。

そして、お子さんがたくさん本を読むようにしてあげてください。

LINEで送る

読解力の低下

東灘、芦屋で学習塾をお探しなら

個別指導のヒーローズ甲南山手校!

 

本日の読売新聞朝刊に、

「読解力が危ない①」と題する記事が載っていました。

いわく、

OECD(経済協力開発機構)が昨年12月に公表した

国際学力調査の結果では、

15歳の読解力が4位から8位に順位を下げた、

とのこと。

 

ヒーローズ甲南山手校が開校してまだ一か月も経っていない今の段階で、

こんなことを言うのは早計かもしれませんが、

同様の危機感を抱いております。

 

たとえば、

分数の計算問題はきちんと解けているのですが、

文章題になると途端に正答率が下がってしまいます。

明らかに、読解力の不足が原因と思われます。

 

読解力は一朝一夕にして身につくものではありません。

それでは、どうしたらよいのでしょうか。

 

まずは本をたくさん読むことだと私は思います。

 

明日以降に続く…

LINEで送る

社会貢献と車椅子マップ

東灘区、芦屋市で学習塾をお探しなら、

ヒーローズ甲南山手校!

 

ご存知でしょうか?

平成25年6月、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」

(いわゆる「障害者差別解消法」)が制定され、

平成28年4月1日から施行されました。

 

この法律では「不当な差別的取扱い」を禁止し、

「合理的配慮の提供」を求めています。

そのことによって、障害のある人もない人も共に暮らせる社会を目指しています。

 

ヒーローズ甲南山手校は、社会貢献活動の一環として、

ヒーローズ甲南山手校があるJR甲南山手駅周辺の

車椅子マップの作製に協力しています。

 

車椅子の方がどのルートを利用すれば、

移動しやすいのかが解りやすく表示されます。


 

地域社会に貢献する学習塾、

社会貢献活動を行う学習塾、

それがヒーローズ甲南山手校です!!

LINEで送る

開校祝いのお花

東灘、芦屋で学習塾をお探しならば

ヒーローズ甲南山手校!!

 

ヒーローズ甲南山手校は、1月10日に開校致しました。

皆様に開校祝いのお花をたくさん頂戴致しました。

この場をお借りして御礼申し上げます。

 



LINEで送る

無料体験受付中

東灘、芦屋で学習塾をお探しならヒーローズ甲南山手校!!

ヒーローズ甲南山手校は、1月10日に開校したばかりの学習塾です。

おしゃれな感じの学習塾で、きっと勉強が楽しくなりますよ。

現在、4日間の無料体験のお申し込みを受付しております。

ぜひこの機会に他にはないおしゃれな空間で無料体験してみませんか。

LINEで送る

▲TOPへ